深絞りプレス加工.jp
深絞りプレス お困り

よくあるご質問feature

フジパンチの金型の強みを教えてください
当社は、金型設計・製作・プレス加工ともに20年以上の実績があり、自動車用電子部品や油圧回路等の絞りプレスを得意としております。
また、社内で設計から製作・組立・試作・量産まで一貫したサービスがご提供できるため、多くの企業様にお喜びをいただいております。 経験豊富な技術者が多数在籍し、安定的な大量生産に対応が可能です。
そしてJIS規格に基づいて日本素材を使用しているため、日本と同等な品質を保証いたします。
依頼してから金型加工と納品までの手順はどういったものになりますか?


大まかに、こういった流れとなります。
お電話・メール等でお問い合わせをいただいた後、お客様のご要望について詳しくヒヤリングし加工や内部構造、設計について検討した後に金型のお見積書をお送りします。
ご成約後は、金型の設計・製作を行い、組み立て・試作を経て金型出荷となります。

深絞りプレス加工へ精通している弊社だからこそ、お客様にできるご提案がございます。
プレス金型部品のみのご依頼も対応可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。
深絞りプレス加工では、どういった材料を使用しますか?
ステンレス、鉄、ZAM、メッキ鋼板、アルミ、真鍮等々に対応しています。
入手が困難な材料についても、調達の手助けを行っております。
また代替の材料に関する提案も行っておりますため、まずはお気軽にご相談ください。
超硬合金とはなんですか?
超硬合金とは、硬度が非常に高い合金を指します。
フジパンチでは、超硬合金を使用した工具を用いて製作いたします。
何故超硬合金を使用するのですか?
超硬合金を使用することで、工具の寸法精度を向上させることが可能です。
また、工具部品の摩耗が減少することで工具の寿命が長くなります。
工具のメンテナンスが減ることは、生産性の向上につながっていまいります。
表面処理や熱処理に対応していますか?
対応しております。
熱処理は浸炭焼入れ、窒化処理、磁気焼鈍など各種熱処理へ対応。
また製品の形状によりご提案内容が変わるため、詳しくご相談をできれば幸いです。

表面処理については、硬質クロム(フラッシュ)、無電解ニッケル(カニゼン)、アルマイト各種、アロジン処理、ユニクロ、クロメート各種、テフロンメッキ、金メッキ、銅めっき、電解研磨、梨地処理、DLC他CVD,PVD処理、塗装など各種の依頼に対応しています。

表面処理・熱処理でお困りのことがございましたら、まずはフジパンチにご相談ください。
ページ
最上部へ
TOP
PAGE